夢の実現に向けて

2017年5月21日

あきんこです。

久々にブログを書く。

唐突ですが、今月僕は40歳の誕生日を迎えました。

40歳のほやほやです。

実感は全然ないけど、年々歳を重ねてるんだなぁって思います…

んで、仕事も今月で辞める事にしました。

40歳には仕事を辞めて悠々自適な生活をする…というのが20代から僕が真剣に思っていた夢なんですが、とりあえずそれを実行しようかなと。

今の職場は7年くらい?働いてきて、仕事の面ではもちろんですが、精神的な部分でも色々と勉強をさせて頂きました。
職場の方々には色々迷惑かけたと思うし、無理も聞いてもらいました。

仕事なんで、色々と嫌な事もありましたが、辞める理由はそういう事ではなく、さっき言ったように40歳というのは自分にとって本当に節目だと思うし、若い頃からずっと目標にしてきた年齢なので、散々考えた結果、退職する事に決めました。

辞めると言った後もみんな良くしてくれているし、本当の気持ちでは後ろ髪を引かれる思いなんですが、これで良かったんだと今は自分に言い聞かせております^^;

とりあえず控えめにですが、毎月食べていけるくらいの投資収入があるので、しばらくはゆったりと生活しようかなと思っていますが、そのうち働きたいって思うかもしれないので、その時はまた考えようかと。

いや~しかし…

来月から無職ですよ…

無職…

40歳、無職…

家はあるんで、住所不定、無職とまではいかないけど。

一般的に考えると、やばくね?ww

まあ、僕は変人なんで、世間の目は全く気にしませんが。

僕は自由人という言葉にあこがれて、それをずっと目指していました。

だからあと少しだけ仕事して、来月からはしばらくの間自由を謳歌しようかなって思ってます。

ちょっと早いけど夢の年金生活ですよ。
自分年金だけどね^^

それではまた^^
スポンサーサイト

リタイアメントに向けて

2016年12月29日

あきんこです。

今年ももう終わりです。

おれ、成長したんかな?…って最近良く思うw

今日はリタイアメントについての考察を。

リタイアメントとは仕事を辞めて、年金や貯金でその後の人生を過ごすという事。

要は生活資金の源泉を、労働市場から資本市場に移す事だた思います。

みんな、目標ってあるのかなあ?…と、しみじみ思います。

なにも考えずにただその日の仕事をし、給料をもらってそれで生活する。

60歳とか65歳で定年するまで働き、定年したら年金と貯金と退職金で生活する。

多くの人がそんな風に見えてしまいます。

僕はずっと40歳には仕事を辞めて、悠々自適の生活を目標にしていました。

来年には40歳になりますが、仕事は多分辞めない…

今でも半分悠々自適なので、半分くらいは夢はかなっているんですが。

リタイアメントとは、本当の自由を手にする事だと思います。

自由とは単なる観念ではなく、その人の経済力から生み出されるものなのです。

「俺は自由だ!」って言っている人も、本当の意味で自由ではないのです。

給料をもらっている人であれば会社に縛られているし、年金をもらっている人であれば国に依存している。

自由とは、国家や会社、親兄弟など、何にも縛られずに生きていける経済力そのものなのです。

人生において、幸福というものはお金では絶対買えるものではありません。

しかし、人生における経済的な問題は経済を合理的に考え、行動する事でしか解決することができません。

人は必ず年をとり、老いていきます。

若い頃のように働く事が難しくなっていきます。

「気合い」で風邪を治す事も出来なくなってくるんです…w

話が反れてしまいましたが、僕にとってのリタイアメントとは、完全なる自由を手にする事なんです。

住む家、行きたい場所、自分の思うがままに生きる事。

幸福はお金で買えませんが、自由を手にするにはお金が必要なんですよね。

そして、僕みたいな凡人がお金を増やすには「投資」という手段が一番合理的なんですよね。

投資とは、リスクから利益を得る行為です。

ハイリスクならハイリターン、ローリスクならローリターン。

リスクの概念うんぬんで、詐欺まがいの投資もいっぱいありますけどねw

よく「リスクプレミアム」といいますが、プレミアムとは報酬なので、リスクに対しての報酬という事です。

リスクを負った人のみが大きな果実を得る事が出来るんです。

昔の日本は銀行金利7%とかいう時代がありましたよね。

100万預ければ、10年後には200万くらいになっている時代でした。

ノーリスクで年利7%の時代に、リスクをとって積極的に株式投資や債券投資をした人は、銀行に預けていた人達より数倍、数十倍のお金持ちになっていたはずです。

今の時代はすごくグローバルな世界なので、投資したいと思えば何にでも投資する事が出来ます。

株、債券、オプション、通貨、先物、…個人投資家であっても、何にでも投資できます。

ひと昔前までは、一部のヘッジファンドや機関投資家しか投資出来なかった限られた世界でしたが、グローバル化の波によって、パソコン一つで誰でも投資出来る世界へと変わりました。

だから勉強あるのみなんです。

投資の世界は限りなく広い。

専門用語も沢山あるし、いきなり入っても訳わからない世界ですが、それでも勉強あるのみです。

しかも、なるべく早いうちから投資というものに慣れ親しんでおくべきです。

経済合理性で考えれば投資をしないという選択肢はないんです。

僕の目標は家と土地を除く金融資産を1億円にする事です。

多分それが叶えば、次は5億円を目標にするでしょう。

恐らくですが、僕みたいな凡人は5億円くらいが限界なのかなと、考えています。

学ぶことに終わりはありません。

是非みなさんも、色々な事に興味を持ち、学び続けて下さい。

それでは今日はこの辺で^^ノ

スワップ運用見直し

2016年12月25日

あきんこです。

メリークリスマスですなw

もうそんな歳ではないけどね。

それはおいておいて、前回の記事前々回の記事で、スワップ運用を始めましたと書いたのですが、始めて早々色々とありまして、業者を変える事になりました。

なぜかというと、僕は利息の計算をその国の政策金利でそのまま計算していたのですが、いざスワップ運用を開始して、入ってきたスワップを年利で計算してみたら2.5%とか…

予定では6%近くスワップでの利息がもらえるはずだったので、そこで気づきました。

業者によってスワップポイントが全然違うという事に…wwww

違うのは知ってたけどまさかこんなに違うとは…

そんな事を言ってもなにも始まらないし、そんな事すら確認していなかった僕のミスですので、とりあえずポジションを全て清算し、出金手続きをし、新たに業者の洗い出しを始めたわけですよ。。

入金したり出金したり、何してんだか…w

各業者のスワップ金利、取り扱い通貨などなど色んなデータをエクセルで書き出して色々と検証しなおしました。

業者を変えるという事は通貨ペアの組み合わせも微妙に変えなければならないので、また1からやり直す羽目になりました…

色々と検証し、考えた末、2つのFX業者でスワップ運用をする事にしました。

運用資金も、元は500万での運用でしたが、300万程増やして約800万円強での運用としました。

運用の内容を少しご紹介します。

2つの業者を使っているので、1つ目を業者A、2つ目を業者Pとします。

Aはアクティブ、Pはパッシブの略です。

アクティブといっても、長期投資ですので売買を頻繁にする訳ではなく、少しレバレッジを高めに設定して、証拠金に対してのリターンを高めに設定しての運用、要はミドルリスク、ミドルリターンって感じです。

じゃあ業者Aの口座から
元手となる証拠金は300万円で始めました。

ZAR/JPY 買い 242000通貨
TRY/JPY 買い 77000通貨
CNY/JPY 買い 396000通貨
CHF/JPY 売り 33000通貨
CAD/JPY 売り 77000通貨

ポジション総額は約2165万円なので、レバレッジは6.63倍
1年あたりのリスク(標準偏差)は17.08%
証拠金に対しての1年あたりのリターンは14.70%
これを業者のスワップポイントで計算し直すと年利15.7%となりました。
そしてシャープレシオは0.86となりました。

次に業者Pの方はというと、
元手となる証拠金は500万円です。

ZAR/JPY 買い 200000通貨
TRY/JPY 買い 90000通貨
CAD/JPY 売り 10000通貨
SGD/JPY 売り 40000通貨
SEK/JPY 売り 100000通貨

こちらはポジション総額約1010万円なのでレバレッジは約2.02倍
1年あたりのリスク(標準偏差)は8.56%
証拠金に対しての1年あたりのリターンは6.96%
これを業者のスワップポイントで計算し直すと年利約8.8%
シャープレシオは0.81となりました。

業者Pはリスク低めのレバレッジ2倍、業者Aはリスク高めのレバレッジ6.6倍
P口座では500万円での運用、A口座では300万円での運用

二つの口座合わせて今の金利(スワップポイント)で計算すると、1年で約96万円程度の利息が入ってきます。

二つの口座合わせて年利で約11%という事になります。

もちろんこれは為替での変動がない場合の話で、為替変動でのリスクに関してですが、
100年に1度の暴落、要はリーマンショック級の暴落が起きた時の想定リスクは、

A口座では約110万円のドローダウン
P口座では約64万7000円のドローダウンが発生します。

上のポジションを見ても分かると思いますが、高金利の通貨を買う代わりに相関性の高い低金利通貨を売る事によって、リスクを最大限抑えているのですが、それでも暴落が始まれば全てが下げます。

もちろん上で挙げたリスクは今のままのポジションで運用し続けるという前提での話なので、世界の金融情勢を見ながら都度ポジションのリバランスやレバレッジの調整は行っていくつもりです。

ユーロもイタリアの銀行がつぶれそうだったり、アメリカも大統領が変わる節目だったり、不安定な相場が続く事が想定されます。

まあ、様子を見ながら…って感じですな。

実は今、他で保有している証券も200万程売却中で、来年にはそれも上の二つの口座に振り分けて総額1000万程での運用を考えています。

やっぱり僕は投資の中でもFXが好きなんですよね。

レバレッジは下手に使うと破産しますが、上手く使いこなせれば自分にとって最高の武器にもなります。

上手くレバレッジをコントロールできれば資金効率はかなり高く、最高のパフォーマンスを上げてくれます。

前も書きましたが、勉強あるのみですな。

ダラダラ書いていたら日が変わりそうになってしまいました…w

クリスマスが終わってしまうよ…。。

という訳で、今日はこの辺で^^

またね~^^ノ
プロフィール
Author:あきんこ

人生やりたい事をしよう。
お金が全てではないが、お金があればやれる事の幅が広がり、出来る選択肢が増える。
だからFXで稼ぐ。投機とは確率のゲーム。確率の観点から手法を組み立て、それを実践中。
趣味は旅行、グルメ、映画、などなど。
基本的には書きたいことをジャンルを問わず気分で書いていこうかと思っていますので、皆様、宜しくお願いします^^
カレンダー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
他人が嫌いなマイナス思考女のFX日記

FX教育委員会

道のつづき
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本の紹介(ゾーン&規律とトレーダー)
トレードを続けていく過程で、絶対に読まなければいけないと思えるくらいの良書です。 手法に関しての本ではありません。 健全なトレードをする為の心の在り方に関して書かれています。 トレードの障壁となる「恐怖」「恐れ」「過信」「自己陶酔」などをいかに排除していくかが明確に書かれています。 二冊とも著者はマーク・ダグラスさん。

本の紹介(デイトレード)
手法の本ではなく、投資家の心理について書かれた本です。 トレードというものの本質がとても分かりやすく書かれた本です。 読書が苦手な人にも読みやすい本だと思います。 プロはどういった時に買い、アマチュアはどういった時に売るのか。 チャートの裏側にはどんな相場参加者がいて、プロはどう思い、大衆はどう感じるのか。 僕はこの本を何度も読み返しました。 特に67ページからの「バンドワゴン効果」の部分が個人的には大好きです。
訪問者
ツイッター